残業時間を減らそう!効率の良い仕事はコマメな改善が重要

残業時間を減らそう!効率の良い仕事はコマメな改善が重要

自分の主観にとらわれない

効率の良い仕事の進め方は、自分の仕事を見回してうまく優先順位をつけ、プランを立てて、周囲にも理解が得られるような進め方で仕上げることです。
決して独りよがりにならずに。
それも一つの選択肢、として認められる仕事のやり方を考え、実践して、共感を得ることが必要です。
最終的な目的は決められている仕事において、妥当なやり方を進めていくことが時間短縮にもつながり、他人とも共存していけるということです。
段取りも、その都度必要で、周囲にしても共感ができるもの。
この人の仕事のやり方だと次はこうなる、というのを容易に想像できる、もしくはそれを通り越して素敵なアイデアがある仕事の進め方を求められています。
仕事は結果が必要で、途中経過は重要ではないといえないまでも、明確で緻密な積み上げも必要です。
計画性もなく、むやみに仕事を進めてきて、どれも仕事が完結していない人の後任に、人事異動するのが一番嫌なことかもしれません。
整理がなされておらず、理解して仕事をしていたのかどうかも怪しいやり方が、その仕事の中から垣間見られた場合は、本当に失望します。
「それが必要とは思わない」などと、さも合理化をして仕事をしてきたかのような態度をとられるのに、実情は仕事の放置であったりでイラつく人も。
仕事は他の部署や他の仕事とも何らかのつながりがあるので、完結した先に、また同じ模倣したやり方をずっと続けていくこともあります。
従前のやり方を同じタイミングと同じ考えで進めなければ仕事が成立しないにもかかわらず、イラつく台詞を発して自分勝手にその仕事を放置してしまう人のせいで、合理的な仕事とは到底言えず、すべて台無しにもなりかねません。