残業時間を減らそう!効率の良い仕事はコマメな改善が重要

ノウハウって何?

自分の速度を自覚

最短時間で作業を終えるためには、整理整頓が必須です。
デスクまわりが綺麗に整理されていないと、いつも探し物をしている状態になり時間の無駄が生じます。
整理整頓と仕事の効率化は、一目で見てわかる状況かもしれません。
パソコンのデータの管理も整理整頓は同じことです。
フォルダを整理する時には、いつも同じやり方で管理をすることができるように、自分の規則的な管理を実現しましょう。
資料をどこに入れたか、すぐにわかるようにするのは、すべて同じやり方にすることです。
難しい人は、リアルもパソコン内もとりあえず入れるボックスを作っておいて退社前に整理して帰るという自分自身に課した決まりを作って、ルーティンワークにしてしまうと、その作業が今日の仕事納めのようなリフレッシュ感を生んでくれて、デスクも気持ちもすっきりします。

本当は仕事を把握してる?

自分の仕事の大まかなマニュアルを作成するつもりで仕事内容を調べてみると、意外な仕事の接点や、効率化が可能になる部分もわかってくるかもしれません。
仕事の優先順位もわかってきたり、たとえば他の誰かに一部の仕事を渡してしまうことを仮定しても、バランス良く仕事を遂行できる順序も見えてくることもあります。
自分の仕事が区分できていないと、他人と共同で行うことは不可能です。
部署での仕事量のバランスの改善のプランにも有効に使えます。
同僚から見て、仕事をどのように進めているかが皆目わからないほど仕事を抱え込んでいる人などは、期日なども含めた優先順位や仕事内容を確認することが先決です。
仕事を手放すのに恐怖を覚えるほど執着する人もいますが、誰か得意分野のある人などに一括してバランス良く仕事の分け方を変えることでも効果があるかもしれません。
得意分野の仕事や好きな仕事を自覚して効率を上げる方法も前向きなプランです。