残業時間を減らそう!効率の良い仕事はコマメな改善が重要

相手もペースをよんでいる

プラン実行

スケジュール等も管理しておくと、都合の良いことは多いものです。
デスクまわりやパソコンもすべての整理ができていると、それだけで安心感も違います。
仕事の優先順位もきちんとしていることで、限りなく秒単位で焦りもなく仕事をこなしていく快感もあります。
長い目で見て自分に使い易いツールを、探して活用していくように総合的に考えることが、一定期間継続して活用でき効率的です。
グループウェアも要領よく使い、名刺管理ツール等も効率的に使え得意先などの管理をするのに時短になって役立ちます。
残業が減らせるような1日のスケジューリングの徹底をイメージしておくことが余計なことに時間をかけない方法です。
最初の自分の考えやプランで進めていくことで、迷いも無駄な時間もありません。

自分のための残業削減

残業を積極的に削減するプランを実行することでモチベーションもアップして、決めたとおりに終了する達成感も同時に味わえることが、ストレスを回避します。
心身の疲れもなく、そのままプライベートタイムを楽しむ余裕もできて、とにかく楽になります。
自分のことだけでなく、会社の組織としても残業を減らすことは懸案事項です。
強制的に定時退社する日を設定したり、時間が来れば強制的にオフィスが消灯するような仕組みも取り入れられています。
会社の総合的に人事管理する部門と、営業部門との確執もあるかもしれません。
実質はサービス残業が増えるだけになる部署もでて、なかなか調整が難しい部分も否めません。
仕事量は同じで、何も変わらなければ残業は減らせない。
業務プロセスをどのように改善するかで変わるとの意見も、正論でしかありません。