残業時間を減らそう!効率の良い仕事はコマメな改善が重要

体調と連動する危険信号

リセットする

業種によっては漫然と残業がなくなることはない会社もあります。
それでも何か業務効率につながるプランを立てなければならず、そうなると今度は誰がどのように考えるか等で揉めます。
どこかで線引きすることを、経営方針として打ち出すことは不可能です。
会社の方針転換についていくばかりではなく、絶えず自分で仕事の効率化を考えて自分の裁量で行えることはどんどん進めていると、間に合えば会社の流れに合流して歩調を合わせられることもあるでしょう。
生産性を上げるためには、時間管理の中で早朝の時間を有効利用する会社もあります。
気分的にも余裕があり、午前10時までに一仕事が終了して、時間の経過もゆったりした印象の中で仕事をしたい人に向いています。
会議や打ち合わせをする時間帯を考えることでも、その効果が上がるかもしれません。

会社利益と疲弊が反比例すれば

同じ仕事量でも、人によってやり方の違いから時間のかかり方も、その仕上げ方も異なるのはどうしてでしょうか。
それは本人の意志がどのように動いているかにもよります。
給料が増えるからブラック社員と言われても率先して残業をすることをやめない人や、子どものお迎えなどの時間が決まっていて時間調整は能率アップでしかできないギリギリの感覚の子育て中の正社員もいます。
各個人の価値観や、生活感によって、期間限定的な仕事のやり方でもあり、ライフスタイルを実践されているケースもあります。
会社やプロジェクトの都合で、貴重な時間を生命の危機があっても投げ出さないといけないと苦しんでいる人もいます。
業務効率化への意識を正常に持ち続けることが、最終的には自分の人生の大切な部分を支えるものでもあります。
業務効率化すれば、そして会社の利益が上がれば、意識も高くなります。